松阪牛の全体の出荷頭数は少なく年々減少している

松阪牛というのは全国的にも名の知れた銘柄牛ですが、出荷頭数は無制限にあるばかりではありません。

実は松阪牛は年間出荷頭数が、数千頭と限定されているのです。

ということは一つ一つの松阪牛の農家が育てている頭数というのは、それほど多いわけではありません。

それに松阪牛を育てるのはエサにも育て方にも、環境にもありとあらゆることに出荷まで気を配らないといけないので、一つの農家が育てられる松阪牛の頭数というのは限界があるのです。

また松阪牛と名乗れる牛にも厳しい決まりがあります。

さらに松阪牛の出荷頭数は、年々減少しているのです。

こういった点を考えると、想像している農家の飼育頭数よりさらに少ない頭数しか現実には育てられていないのかもしれません。

さらに松阪牛が農家で少数しか育てられていないと知ると、余計に貴重さを実感できるのではないでしょうか。